不倫出会いサクラthelearningnetwork

甘い不倫に溺れることが、必ずしも悪いことだとは言いません。
いえ、もちろん世間的に見て悪いことなのでしょうが、男女間の恋愛事情なんてそれこそ人それぞれじゃないですか。
一人の人間が簡単に口出しできる問題ではないですよね。
せっかく出会い系サイトというものがあるのですから、日常の憂さ晴らしという意味合いも込めて、たまには不倫という禁断の恋に身を任せてみるのもありかなと思います。

出会い系サイトというものが便利だから、という理由で、本当に身軽な気分で浮気をやらかした私。
けれども、皆さんは注意してください。
すでに分かっておられる方もたくさんいるでしょうが、出会い系サイトというものは決して安全なサイトであるとは限らないのですよ。

むしろ、大多数の出会い系サイトは危険な悪徳サイトであると判断してください。
このたび私は、そのことを思い知りました。
自分が悪質な詐欺にひっかけられたことがきっかけです。
詐欺の被害が拡大しているという事実は知っていたのですが、かといって有効な防止策を十分に知らなかったというのが失敗の種ですね。
だいたいにおいて、危険度が高い詐欺というものは、自分が詐欺にひっかけられていること自体に気がつけないものです。
どうして「オレオレ詐欺」に引っ掛かるお年寄りが後を絶たないのかといえば、当然のことながら、自分が詐欺にひっかけられていることに気がつけないからです。
この危険性については決して人ごとで済まされるものではありません。
実際、巧妙な悪徳出会い系サイトの詐欺に引っ掛かっているのは、ほとんどが若者です。
還暦過ぎのおじいちゃんおばあちゃんが出会い系サイトにはまるなんて話、聞いたことがないでしょう?
ひょっとしたらそういうケースもあるのかもしれませんが。

さて、悪徳出会い系サイトの詐欺を語る上で絶対に避けては通れない存在が「サクラ」です。この手の迷惑要因は、優良なサイトにもいると言われているくらい、出会い系サイトの存在そのものと同化しています。
優良なサイトの場合は、たとえば「冷やかし」のための存在としてサクラが確認されるという程度のものなのですが、悪徳サイトに潜むサクラは、そんなかわいらしいものではありません。
例えば、ポイント課金式の有料サイトに潜むサクラ。
ある程度の常識と危機感を持ってさえいれば、騙されるはずのないもの……と思われるのですが、実際のところはそれほど簡単な話でもないのです。
騙される人が後を絶たないからこそ、サクラがいなくなることもない。
これは恐ろしい現実です。

出会い系サイトを利用し、なおかつ不倫をたくらむ人は、男女問わず「愛情」に飢えた人が多いのです。たとえ既婚者であっても、とにかく異性との肉体関係というものから当座買っているために、自分の周囲に渦巻く寂しさという感情を制御できなくなっているのです。
せっかく結婚を決意したパートナーがいても、セックスレス。
そこにある心の隙間を、出会い系サイトを通じて知り合ったパートナーが癒してくれます。
もはや何年も聞いたことがないような甘い言葉を掛けてくれるパートナー。
その存在がまさかサクラであるなんて、思いもよらないのです。
というより、意図的に考えることを避けているような節さえある。
だからこそ弱みに付け込まれ、詐欺に引っかかってしまいます。
楽しくメールのやり取りをしているうちに、気がつけば銀行口座がすっからかん。
かなり後になってから、自分がずっと「カモ」として弄ばれていたことに思い至る。
後悔後の祭りというやつです。

また、タチの悪いサクラというものは、単純に課金式のポイントサイトだけに出没するものではありません。
同時登録詐欺、というものを耳にしたことがありますか。
これも恐ろしい詐欺の一形態なので、初耳だという方はぜひ覚えておいてください。
いざというとき、自分の身を守るために役立つ知識です。

ある男性が、無料の出会い系サイトに登録したとしましょう。
無料で利用できることを謳っていたので、男性はすっかり安心しきっていました。
この油断が、のちに大きな命取りを招きます。
一般的に、無料のサイトには危険なものも多いので、くれぐれも注意してください。
さて、順調にとある女性とメールのやり取りができた男性は、メル友と呼んでも差し支えのない関係にたどり着きます。
男性はとても喜びました。
無理もない話です。
男性はこれまでの人生で絶望的とまで言えるほどに女性との良縁がなく、さびしい人生を送ってきましたから。

さて、男性と女性の間で交わされる楽しいメールの数々。
もうこれ以上引っ張る必要はないでしょう。
もちろん相手の女性はサクラです。
けれども、一人で舞い上がって冷静さを失った男性は、相手の女性がサクラであると気づくことができません。

そんな男性の心理に気がついていたサクラは、ある時、こんな提案をします。
「わたし、もっと○○さんと仲良くなりたいから、個人向けのチャットルームを使おうと思うんだけど」
それは、男性にとって願ってもない提案でした。
チャットルームを使えば、現在使っているサイトを経由することなく、24時間好きな時に女性とおしゃべりすることが出来るのです。
そうしてサクラの女性は、これがチャットルームのURLだからといって、男性に怪しげなアドレスを送ります。
もちろん、男性はそれが怪しいアドレスだと気づきません。
無警戒な男性がそのアドレスをクリックすると、とんでもない悪徳サイトにつながっていて……
という、恐ろしいオチです。
同時登録の詐欺にはいくつかの類型と呼べるパターンがあって、これは私のアドレスだからといって、いかにもそれが個人の携帯アドレスであると装って、怪しげな悪徳サイトのURLを添付してくるケースもあります。
しかしながら、サクラの女性が送りつけてきたアドレスをよく見ると、そのアドレスが明らかに、現行の携帯電話キャリアのもの、あるいはPC向けのメールアドレスに該当しないことに気がつくはずなのです。

この事実に気がつくだけの冷静さを養ってください。